本を囲む環境。その変化を考える。

Posted 2月 15th, 2014 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

自分が子供の頃と、かなり状況が変わったと感じてします。
しかし、人間自体はそう変化しないものらしく、「役割」を担う「役者」が変わっただけ、という感じの部分もあります。
何点か例を挙げて考察してみたいと思います。

・立ち読み
自分が子供の頃は、今の様に、漫画本をビニールで覆ったりはしていませんでした。
当然、マンガ好きの子供は近所の本屋に入りびたり、1つの漫画を「全巻読破」など、足が疲れるので立ったり、しゃがんだりしながら行っていたわけですが・・・。
今は、本屋ではこういう事ができません。
しかし、大手の古本屋ではできますので、同じ光景をそちらで見かけるワケです。
個人的には、あの「ビニール袋」のせいで、書店から客が遠ざかっている様に思うのですが・・・。
「買わないヤツには中身も見せん!」と言わんばかりの態度に感じます。
まぁ、本屋は、売れなかった本を「返品」する事ができますから、キレイな状態で売れ残ればそれで良い、と考えているのでしょうか・・・?

本屋という存在に慣れ親しんだ世代ですので、近所に「本屋が無い」という事態は寂しいとしか言い様がありません。
ですが、今時の本屋は「不要」と感じています。
自宅PCからアクセスできる amazon ですら「なか見」と称して内容を確認できるサービスを提供していると言うのに、わざわざ足を運んだ挙句「表紙しか見れない」本屋まで、誰が行くと思っているんでしょうか?

・漫画
日本の漫画は世界一という話があります。
それは、ある意味、その通りだと思います。
しかし、アニメーションと同様、一種の「搾取構造」の上に成り立つ産業だという事が、明らかになって来ています。
大手である小学館、講談社は、漫画家からの直接批判を浴びる始末です。
WEB上で連載した漫画のうち評判が良かったものを紙媒体へ持ってくる戦略を大手は取っていますが、これは非常に危うい要素をはらんでいると思います。
「紙媒体」が、多くの読者にとって「必要でない」事は既に明らかでしょう。
そして、漫画家というコンテンツ作者の待遇が悪いのだとしたら・・・。
本格的な「WEB出版社」が成り立つ仕組みができあがれば、コンテンツ作者も読者も、多くはそちらへ移動する事になるでしょう。

唯一の問題は、媒体としてコピー可能となる為、「版権」の管理ができなくなってしまう点ですが、実際は、紙媒体だって同じです。
日本の漫画は、スキャニングされた状態で、既にネット上に溢れています。
常にスキャニング可能な「紙」と、何等かの新技術で「コピー不能」とできる可能性があるWEB。
実は、紙媒体での出版を行う業者こそ、WEBの新技術に着目しなければならない、という矛盾した状態であるとも考えられます。
この分野でも、「役者」が交代する予感が感じられますね。

・小説
日本の漫画は、内容的に高度化した為、大人という読者層も獲得する事ができました。
しかし、「小説」はどうか? と言うと・・・。
若い読者は減る一方です。
「ライトノベル」は、ある程度の読者を獲得していますが、これは漫画の方法論を小説に持ち込んだものです。
ビジネスモデルとしては、「その後の漫画家、アニメ化を狙う」というもので、ある意味「事業の元ネタ」として企画される素材となっています。
この時点で「小説」とは違っていると感じますが・・・。

まぁ、読解力が落ちた読者が「より一層の映像化」を求めるのは当然とも言えるので、やはり「いわゆる小説」とは読者層からして別なのでしょう。

以上、思いつくままに書いてみましたが如何でしょうか?

・本屋や古本屋
本屋って、やっぱり減ってます。
それは疑いない。そして、古本屋もへっていますよね。
昔は、やすく漫画が変えてうれしかったけど。
アマゾンとかで本を変えるけど、リアルな買い物はそれよりも楽しいし、
出会いがありますよね。
ちなみに、私のお勧めのは、札幌の古本出張買取のミューさん
あと、東京で古本買取でちょっとお世話になったこうじん堂さんですね。

いろいろあってのサラリーマン

Posted 2月 10th, 2014 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

私はもともと沖縄で飲食店を経営していたのですが
不況で客足が減って店を畳んだので心機一転のつもりで東京でサラリーマンをすることになりました。

この年になると当然正社員は難しいので派遣社員として働いているのですが生活が苦しくてよく本やDVDを売りに出しています。

もともと漫画家志望だったので部屋には読みきれない漫画が数千冊あったので売るのはおしくなかったのですがまとめて売ったほうが買い取り価格が高価になると聞いたので全巻をそろえて売りに行くのが面倒でした。

いろいろなジャンルを持っていたのですがジャンプの漫画で人気作品はやはり高く買い取ってもらえてありがたかったです。
そういえば、知り合いが神戸で古本とかCDとかを買取しています

何冊以上売りに来ると割り増しで買い取ってもらえるのでとにかくたくさんの数を売るのとできるだけ人気作品を売るのがポイントかと思います。

最近ではネットのオークションやパソコンのサイトで申し込んだら取りに来てくれるサービスもあるらしいのですが早急に現金が欲しい場合や、あまり個人情報を知られたくない人は直接お店にもって行くのがおすすです。査定時間もそこまで長くないですしお店によりますが店員さんも非常にはきはきした人が多くて何一つ不満なく売ることができます。

私はあまり映画やコンサートのDVDは持っていないのですが奥さんがたくさん持っていてそれもたまに売ったりするのですがやはりジャニーズやその他の流行のアイドルのDVDは高く売れて漫画よりも高額になりうれしかった思い出があります。でもやっぱり、ジャニーズや嵐の買取専門店にはかないませんでしたけどね。

お店によって買取価格は違うのですがやはり個人店のほうが価値をしっかりと見極めて下さるのでこだわりの商品を売るときはネットの口コミサイトなどで調べてから売りに行くのもいいかもしれません。実家にある古い漫画を売りに行ったこともあるのですが巻数がそろっていなかったりボロボロの不人気作品だったので二束三文でしかたなく売りに出した思い出があります。

店に持ち込んで買取してもらうことと、配送して買取してもらうことの利点

Posted 11月 7th, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

本の買取をよく利用しています。
1冊ずつ購入していて頻繁には購入していないつもりでも、意外とたまってくるものですよね。
面白くて何度も読むものならいいけれど、いつか読むかなというくらいのものならば買取をしてもらった方がお財布も潤いますし、
本棚にスペースの空きも作れるからいいかなという感じで本の買取を利用しているのです。
特に最近利用する「古本買取 大阪」で有名な古本屋さんは、かなりいい感じです。

近くにあります店舗に持っていくこともあれば、通信販売のように段ボール箱に入れて送って、買取をしてもらうこともあります。
近くの場合には少数のことが多く、送っての場合ではまとまった数があるときが多いです。
どちらも利便性が高いので、助かっています。

近くの店舗に持ち込んでいきますとその場で少し待ちますが、査定して買取してもらえます。
その場で買取してもらえることで現金で受け取れますので、買取してもらった分をすぐに手にすることができるのも利点の1つだと思っています。

そして、販売もしている店舗でもありますから、高値買取をしているものもすぐに目につきます。
これとこれが高値買取をしているといった情報がすぐに目に入りますから、これは読んでいないから買取してもらおうかなといった感じでその場の情報によって動けてしまうところも利点です。

段ボール箱に入れて送り、査定して買取してもらう店では上記のような利点はありませんが、こちらはこちらで利点があり助かっているのです。
まず、本は数冊になっても重いものですが、それを持ち運ぶ必要がなく配送してもらえる点がとても助かっています。
箱に入れる手間は必要ですけれど、本はおおかた形が決まっていますから並べて入れていくくらいの手間で済みます。
その後のことは配送業者と買取店に任せてしまえるので、買取の申し込みと箱に入れる手間で済み、わずかな時間だけでいいところは利点です。
そして、査定、買取、買取代金の振込みといったところまでを店側がしてくれますし、そこで待っている必要がないのは利点になっていると思います。

どちらの店も利点があり、中古品であるにも関わらず快く引き受けて下さるので、私にとってはすごく助かっています。

CDは結構高く買い取ってもらえましたが本はだめですね。

Posted 11月 6th, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

私は家の引っ越しのため、もう聞かなくなったCDや本などを処分することにしました。CDは200枚ぐらいで、本は300冊はあったと思います。買い取りの場合、自宅に買い取り専用車が来てくれるようでしたが、これだけの数のCDや本のため家まで来てもらうのは気が引けたので、自分の車でお店まで持参しました。

そこで、すべてのCDと本を預け、1時間ほど待たされました。若い店員さんが、マニュアルに沿って一枚、一冊と値段を付けていくのをチラっと遠くから見ていました。昔は、古本屋に本を持っていくと、そこのおやじが色々と考えながら値段を付けていったのですが、今じゃ本当に素早く、流れ作業のように値段がついていきました。

1時間ほど時間つぶしのため、その中古本屋さんで本を眺めていると店内放送で呼ばれたので、カウンターまで出向きかした。そこにはCDと本がいくつかのグループ分けがされていました。本は大体、3つぐらいのグループに分けられ、

一番多くの本が置かれていたグループの本は値段がつかないということでした。即ち買い取りができませんとのこと。300冊のうち、250冊がこのグループでした。私が今まで貯めてきた蔵書のほとんどに値段がつかないとは悲しい限りですが、引っ越し先にはそれらの本を持っていくことができなかったので、その場で権利放棄をしました。権利放棄とは処分してくださいとお願いすることです。残りの50冊は新刊など比較的新しい本は、ほとんど一冊100円で、それ以外の少し古くて人気の本は20円から50円ということでした。結果的に300冊の本は1000円ちょっとの値段がつきました。ちょっとあほらしくなってきましたが、しょうがないのでその値段で了解しました。

別の日に、札幌にあるCDも買取してくれる古本屋を探してみましたが、
古本買取 CD買取 札幌」で出てきたところは結構買取してくれましたね。

CDの方は古いCDが結構あったのですが、これはびっくりするほど良い値段で引き取ってもらえました。もしかしたら、そのお店CDの在庫がなくて、何でも良いから引き取ってくれたのかもしれません。CDは200枚で35000円ほどになりました。

本を高い値段で売るには

Posted 11月 3rd, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

本は重いし場所を取るので、まとまった時に、処分するようにしています。
リサイクルに出すよりは、少しでもお金にと思い、名古屋の古本買取をしているサイトをみつけ、
リサイクル系の買い取りサービスを利用しました。

出し始めのころは、段ボールに詰めて、その重い段ボールを持って店舗に行きましたが、最近は、店舗に行かなくても、インターネットで予約をすると、段ボールに入れて用意をしておくだけで、宅配便が回収にきてくれるので、便利なサービスでした。買取のできない本もあるので、その本を、処分していいか、戻すかの選択をすることもできます。
本はなるべく綺麗なほうが高値で買い取ってもらうことができますし、付属品などがあれば、もちろんそれも一緒のほうが高値になることは、確実です。
本を整理して、段ボールに詰める作業も時間も手間もかかる作業なので、高値で売れればいいのですが、本は意外に値段がつきません。苦労した割には、値段にならずに、これなら、いらないその時に、少しずつ、リサイクルやごみなどに出したほうがいいような気がした時もありました。
本自体はまとめて買うというよりも、雑誌は特に、一冊ずつ買うので、後で気が付いてみると、結構な冊数になったりしています。また後で読み直したいと思いつい保管しておきがちです。結局、読み直すことなく処分することがほとんどです。
この買い取りサービスを使うのは、値段は気にしない、ゴミに出すよりは、10円でもお金になればいいくらいの気持ちで出すことが必要だと思います。洋服のリサイクルに比べても、値が付かないのが本だと思いました。

また出したことはありませんが、セットになっている本は、やはりセットのままのほうが値段が付きやすいです。
リサイクルの基本ですが、買った時のままというのが、一番高値が付きやすい、これは本にかぎりません。
逆を考えてみると、自分がセカンドハンドならどんなものを選んで買うのかを考えると、やはりセット物はセットで、そしてなるべく綺麗なものを選ぶと思います。

ちょっと間が空きましたが、今日の出来事です

Posted 7月 25th, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

今日は、ちょっと変わったリサイクルをしてきました。

今日は隣町にできたお酒の買い取りショップにお酒を売りに行きました。
頂き物のウイスキーがあるのですが、誰も飲まないものでウッシッシ。

リサイクルショップでも買い取ってくれますが、せっかく専門店ができたのだから、そちらの方が高く買ってくれるかな~ってね。

ウイスキー5本売って1200円でしたが、
平均200円って所ボケーっとした顔1本だけ500円付いたウイスキーあったけどいい物だったのかな?

まあ家に置いておいたら0円ですから、これでもマシなのかな~とは思いましたよ。

いつもなら、正直、ブックオフみたいな古本屋さんに、
漫画とか小説とかもっていくくらいなものんです。リサイクルなんて。
でも、お酒でも買ってくれるんですねー。

まぁ社会勉強にはなりました。

今日の出来事

Posted 7月 5th, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

今日は、病院、自分のですが、

と本屋に行ってきました。

12時半くらいに病院出て、

ドラッグストアで買い足さなきゃいけない日用品とか買って、

まあ家より職場に近いのでドライブがてら車を走らせながら、給油とかして帰りました。
本屋とか寄ったんですが、なんか雑誌とか衝動買いしてしまったよ……。

スゴい勢いで千円札が減った。つい先日、もうそろそろ新刊出ないかな、

と思ったばかりのハイスコアの新刊がイイタイミングで出てたので、ひゃっほいな感じで買っときました。相変わらずおもしろい。

 

最近は、あまり読書の時間が取れないから、

どうしてもいろいろとストレスたまるのだけど、

やっぱり気になる小説は、アマゾンでポチポチ買っちゃいますねー^^

まぁ、そんな買い物も、ストレス解消、ということでしょうねー。

愛犬のおっぱいが腫れた

Posted 7月 3rd, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

今日、朝起きて、飼っているちわわ、雌1歳にご飯をあげようとしたところ、

いきなり、できもの?らしきものが、乳腺に。

うわ!!!!とびっくりして、かかりつけの動物病院に行ってきました。

 

血液検査とか、いろいろしてもらったんだですが、

結果は数日後とのこと。

すごく心配でたまらない。。。。

 

あー、なんかあったらどうしよう。

そんな感じで、今犬の病気に関する本をアマゾンで物色しています。

 

雑誌の犬のきもちとかも購入検討してるけど、

しつけとかがメインなんで、病気にかんする本を買わないとなー。

 

とりあえず、ほんとに心配です。

ブログを始めます

Posted 7月 1st, 2013 by scientistsagainstsampleabuse.orgoRtWrI3EZJ

ブログ始めます。

すげー名前のブログだけど。

でも、このデザインは良いと思いません??

すげー気に入ってます。

犬好きなんで。

ブログ頑張ります。